歩くことで使っていた筋肉

女性

足が第二の心臓と言われている理由と、現代人が歩かなくなったことにより下肢静脈瘤が起こりやすくなっていることです。治療方法は四つありますが、保存療法は軽症に用いられる療法になります。下肢静脈瘤ではなくとも、予防をすることです。

下肢にできる静脈のこぶ

先生

下肢静脈瘤は脚の表在静脈が膨らんでできる女性に多い病気です。痛みが強かったり脚の腫れなどもある場合には、外科での受診が必要です。下肢静脈瘤の治療には、圧迫ストッキングを用いる方法・硬化療法・レーザー治療や静脈の結紮手術・除去手術があります。

重力と病気

先生

下肢静脈瘤は立ち仕事の方がなりやすい特徴があります。静脈の血液を送る原動力は足の筋肉であるため、予防には足の筋肉を使う運動が効果的です。 下肢静脈瘤の治療は、病状により異なります。最近ではレーザー治療が保険で認められ、治療において今後の主流になるものと期待されております。

安心して治療を受ける

治療はどんなものか

女性

下肢静脈瘤というのは、足の血管に血がたまってしまうことによって血管が腫れてしまう病気です。これによって足の血管が浮き出たり、足が全体的に腫れてしまったりといった症状があります。この血がたまってしまう原因に関しては、足の血管にある地が逆流しないようにする役割を持つ弁に異常が出てしまうことが原因として挙げられます。また、この病気に関しては女性に多い病気であるとされています。この下肢静脈瘤になると、足が痛むようになったり、血の巡りが悪くなるので、体がだるくなったり、足がつりやすくなったりします。遺伝性の高い病気であるので、親が下肢静脈瘤を患ったことのあるという人はこのような症状のある場合、病院を受診しましょう。

頼れる医師を探すなら

下肢静脈瘤の名医に関しては、東京都心部に集中しているといえます。これらの名医に関しては、血管に関する治療を得意としている、下肢動脈瘤のレーザー治療に長けているといった特徴があり、現在、東京にいる下肢静脈瘤の名医は10人程度といわれています。全国的に見ると下肢静脈瘤の名医の数は少なく、東京都以外となると、技術を得る機会が少なくなってしまうため、どうしても名医の数は少なくなります。気軽に保険適用内の料金で治療を受けることができる病気であるので、名医に依頼しなくても安心して治療を行うことはできますが、名医に治療を頼みたい場合に関しては、やはり東京都まで来て治療を受けることをお勧めします。ですが、予約がとりにくいことが多いので注意が必要です。